求人広告から情報を得るときに注意すること

新聞などの求人広告では掲載できる文字数が限られている関係から、社会保険完備を「社完備」と表記するなど略語が使用されています。求人情報を収集するにあたっては、1、2文字読み落とすだけでも条件が異なってくることもあるので注意を要します。例えば交通費であれば「交通費全支給」と書かれていれば全額を支給してもらえますが、「全」の字がなければ上限を設けるなど一部のみの支給だったりします。又「完全週休二日制」の会社では、休日は毎週二日あるのに対し、1か月のうち一週間以上に休日が二日あるというのが「週休二日制」です。この他が額面給与での記載が一般的であるので、そこから税金や保険料を除くと手取りは額面給与の八割くらいとなり、この中には残業代は含まれていないのが普通です。勤務時間も就業規則によって表記され、残業時間の情報も明らかでないので、面接の際に問い合わせてみましょう。

法律上における求人広告の特徴

求人広告は会社が各種におけるメディアに対して求人情報を掲載することであり、有料や無料による求人広告が存在しているが、これらに関係なくこれらについては年齢や性別、出身などについての差別禁止や虚偽における労働条件による広告の禁止や個人情報における管理義務などの取締りに関する法規が存在しています。従来は、有料求人広告そのものにおいては職業安定法やILO条における枠組みについては、厚生労働省による規制対象となるはずだが、法律的にはグレーとされており、広告事業者による主張によれば、いわばこれらによって営業されているものは全て求人情報による提供であり、職業における斡旋ではないが、求人している企業が雇用契約成立時においては成功報酬として広告料金を支払うことや、求人情報サイトなどによる目的が求人に固定しており、特定されている個人向けとして行っている褒賞金を前提とした広告委託契約を認可する条文が関係法令や要領にないため、違法行為や条約違反となる可能性が出てきます。

求人広告を見て思う事です。

求職中の身なので求人広告をよく見ています。新聞、フリーペーパー、ハローワークの情報誌などが主ですが、よく見てみると毎回同じ事業所の掲載が目に付きます。そういったところは何かに問題があるのかな?と感じ敬遠してしまいます。介護の事業所、タクシー会社が多いですが、タクシーに関してはあまりそうは思わないのですが、介護の事業所の場合は働きにくい環境を想像します。職場の人間関係の難しさや、待遇の悪さ等です。同じ広告でも写真を掲載したり文字の雰囲気を変える事でイメージが変わるので応募を検討してみたいという気になるのですが。逆に年齢条件や従業員の男女別割合が違っていても応募したいと思う仕事は保険や年金の条件がきちんと明記されているものです。多くの人は長く働いて雇用保険や年金を繋げたいと思うのではないでしょうか。

Leave a comment

(*) Required, Your email will not be published