インターネット上の求人広告

最近の求人広告媒体は、インターネットでの媒体がかなりの比重を占めるようになりましたね。インターネット上の求人情報媒体を利用すれば、様々な求人を見ることができます。私も、大学生になって、生まれて初めてアルバイトを探したときは、インターネット上の求人情報サイトで探しました。大学4年生のときの就職活動も、インターネット上の就職情報サイトでやりました。しかし、残念ながら、新卒での就職活動に失敗し、フリーターになりました。フリーターになり、今度はアルバイトの情報を探さなければいけなかったのですが、それでも、やっぱりインターネット上の求人情報サイトで色々と探しました。紙の求人情報雑誌もたくさんあるけれど、インターネット媚態の方が色々と便利ですよね。24時間、メール応募ができますしね。現在でも、脱フリーターのために、インターネット媒体で就職活動をしています。

転職を考えているので求人広告を見ています。

フリーペーパーや有料の求人誌やインターネットで求人情報は沢山ある様に感じます。自分の夢に向かって転職する事を決めた為に最近は時間が空いた時などに求人広告をよく見ています。求人広告を出している会社によって強調している所に違いがある為に色んなのを見る様に心掛けています。一番、重要にしている部分は自分に合った仕事を探す事です。お金を稼ぐ事も大事だと感じていますが、1日の半分以上も仕事に時間を使う事を考えると自分自身のやりたい事をしてやり甲斐を感じながら、お金を稼げれば良いなと感じています。なので、求人広告で仕事の内容など写真をしっかりと見て自分で想像して応募する様にしています。今は、沢山の求人がインターネットなどで手軽に検索が出来る様になったのであまり時間が無くても手軽に検索が出来て便利に利用させて頂いてます。

求人広告を見て感じたこと

就職活動をするとき、必ず求人広告を目にします。最近まで転職活動をしており、沢山の求人広告を見ていました。その中でとある企業に就職したのですが、入ってみると理想と現実は違うなと改めて感じました。給与面や時間帯など、求人の条件に満たしているものはいいのですが、社内の雰囲気というものまでは把握できない、それを広告で表現するのは難しいということです。昔、広告にアットホームと書いてあった企業に就職しました。しかし、あまりそうは感じられず真面目な雰囲気だったりしました。逆に厳かな仕事内容が書いてある求人広告の企業は、割と穏やかな感じであったりしました。時には仕事内容も違うときもあります。それは双方の理解というよりも、発信側の常識が載ってあり、それを受け取る受信側からは把握できません。しかし、それが意外な驚き、逆もありきなのかと感じます。

Leave a comment

(*) Required, Your email will not be published