目立つ求人広告にする方法

求人広告を出すときに大切なことは、嘘を書かないことです。当然のことではありますが、人を集めたいから嘘を書く会社も残念ながらあるのです。面接のときに違う条件を言われると、応募した人はがっかりします。それでも採用になったら働きたいという人はいるでしょうが、やはり嘘は書いてはいけません。会社の信頼の失墜の原因となってしまいます。一度信頼を失うと取り戻すのが大変ですから、優秀な人材を雇うことができたとしても、長い目で見れば損失なのです。人を集めたいなら、頭を使って工夫をするべきです。例えば、求人広告の中に写真や絵を入れて目立たせるという方法があります。個人的には、絵の方が目立つのではないかという気がします。写真を入れている会社は、けっこう多いからです。やはり、他と違うことをやるから目立つのです。できることなら、待遇を他の会社よりも良くして目立たせたいです。

求人広告の見方はとても大切です。

市販の求人誌やフリーペーパー、新聞の折り込みなど、様々なところで求人広告を目にします。求人情報には、職種、給与、勤務時間、勤務地、休日休暇、所在地など、職業を選択する際に必要な情報が記載されています。しかしながら、スペースの都合上から細かい情報が掲載されていないことも多いので、少しでも不明なところがあったら、応募の前に電話で問い合わせるか、面接の際に確認するなどして、不明確な部分がないようにはっきりと契約内容を把握するようにします。書いてあるのだから、そうなのだろうと思わずに、自分の口に出して確認するようにしてください。また、ややこしい表記(「週休2日制」と「完全週休2日制」など)もありますので、自分の条件に合ったものなのかどうかを細かく調べる必要があります。求人広告の見方がわかれば、自分に合った職業も探しやすくなります。

求人広告の良い探し方

求人広告にはさまざまなものがあります。街中で見かける看板や求人雑誌、クチコミやインターネットなど今の時代どんな方法でも探すことが可能です。しかし、一番利用されている方法はインターネットです。インターネットでは多くのサイトから求人広告を探すことができます。利用できるサイトも多く、また広告自体の種類も多いので必ず自分に合った広告を見つけることが可能です。雑誌などで探してもいいですが、それでは数が限られてしまいます。また、数はあっても自分に合ったものがなかなか見つからないなど探すのに苦労する場合もあります。インターネットのサイトではキーワードや条件で絞って検索することが可能なので、より早く見つけることが可能です。最近ではインターネットだけに求人広告を出す企業も少なくないので、良い条件の求人がきっと見つかります。

Leave a comment

(*) Required, Your email will not be published

*